top of page
  • aoimentalclinic

発達障害のグレーゾーン①

更新日:5月9日

ここ十数年の間に発達障害についてよく知られるようになり、ご自身で発達障害を疑い受診される方も多くなりました。


自分の困難が発達障害から来ているとわかれば気持ち的に少し安心できるし、周りの人に自分のことを説明しやすくなるため、診断がついてほしいという思いをもっていらっしゃる方も多く見られます。


ただし、発達障害の特徴をもっていたとしても診断はつかないというケースがあり、こういったケースがグレーゾーンと呼ばれることがあります。


これは、精神新患を診断ための診断基準(DSM)が設けられていることによります。

DSMでは、発達障害にみられる特徴のうち〇項目以上を満たしたら発達障害としましょう、子どもの頃から発達障害の特徴がみられていたということを確認しましょう、ということになっているのですが、

その項目数を満たさない、子どもの時のことは自分も親もはっきり覚えていない、ということになってくると、発達障害らしさがあっても診断できないということになります。


ちょっとでも発達障害の特徴がみられるのであれば診断をつけたほうがいいではないか、というお考えももっともです。


ですが、発達障害に見られる特徴がほかの精神疾患で見られる場合もあるため、診断基準に照らし合わせて判断するということは、適切な治療やサポートを行っていくために重要な手続きとなります。

最新記事

睡眠と飲食①

前回、睡眠に関わる生活習慣として、光と上手に付き合うということをご紹介しました。 今回は、睡眠のためにどのような食事のとり方をすると良いのか、どんな食材・栄養を意識的に取り入れるといいのかといったことを書いていきます。 コーヒーを飲むと目がさえてしまうから眠りに良くないというのは、皆さんも聞いたことがあると思います。 これはコーヒーに含まれるカフェインの作用によって心身が興奮・覚醒するためですが、

睡眠について③

「不眠症の条件にはあてはまらないが以前よりも寝にくくなっている感じがする」 あるいは 「今も睡眠に不満はないが、より良い睡眠習慣を身につけたいという」 という方もいらっしゃるでしょう。 質の良い睡眠をとるために心がけるといいことは色々とありますが、 まずは『光と上手につきあう』ということがあげられます。 メラトニンという睡眠と深く関わりのあるホルモンの分泌量は、光を刺激として体内で変動しています。

睡眠について②

仕事・家事・育児で十分な睡眠時間が確保できない、不安や気がかりがあって気持ちが休まらず眠りにくい、子どもの夜泣きや介護で何回も起きなくてはならないなど、 睡眠不足が生じる事情というのは人それぞれあると思います。 そういった環境的な問題から生じる寝不足とは別に、不眠症というものがあります。 入眠障害…寝つきが悪い 中途覚醒…眠りが浅く途中で何度も起きてしまう 早朝覚醒…早朝に目が覚めてしまいそれ以降

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page