top of page
  • aoimentalclinic

睡眠について②

仕事・家事・育児で十分な睡眠時間が確保できない、不安や気がかりがあって気持ちが休まらず眠りにくい、子どもの夜泣きや介護で何回も起きなくてはならないなど、

睡眠不足が生じる事情というのは人それぞれあると思います。


そういった環境的な問題から生じる寝不足とは別に、不眠症というものがあります。


入眠障害…寝つきが悪い

中途覚醒…眠りが浅く途中で何度も起きてしまう

早朝覚醒…早朝に目が覚めてしまいそれ以降眠れなくなる

熟眠障害…ある程度の時間眠っていたにもかかわらず、ぐっすり寝たという感覚がない


上記のいずれかの症状が1か月以上継続し、かつ不眠のために疲労感・眠気・集中力低下・イライラなどの不調が生じ日中の活動に支障が出ていると判断されると、不眠症と診断されます。


精神疾患には不眠の症状がよく見られますし、不眠の継続が精神疾患の発症や再発・悪化を招くこともあります。


逆に不眠が改善してしっかり眠って回復できるようになると、それ以外の症状も改善したり、頭がきちんと働くようになってストレスの原因に対処できるようになったりということもありますので、不眠は早めに対処したほうがいいものです。


不眠を改善するためにご自身でできる工夫を取り入れるのもとても重要ですが、

なかなか改善しない場合は早めに医療機関に相談し、薬物療法を含め治療を開始する方が健康管理上良いと思います。

最新記事

睡眠と飲食①

前回、睡眠に関わる生活習慣として、光と上手に付き合うということをご紹介しました。 今回は、睡眠のためにどのような食事のとり方をすると良いのか、どんな食材・栄養を意識的に取り入れるといいのかといったことを書いていきます。 コーヒーを飲むと目がさえてしまうから眠りに良くないというのは、皆さんも聞いたことがあると思います。 これはコーヒーに含まれるカフェインの作用によって心身が興奮・覚醒するためですが、

睡眠について③

「不眠症の条件にはあてはまらないが以前よりも寝にくくなっている感じがする」 あるいは 「今も睡眠に不満はないが、より良い睡眠習慣を身につけたいという」 という方もいらっしゃるでしょう。 質の良い睡眠をとるために心がけるといいことは色々とありますが、 まずは『光と上手につきあう』ということがあげられます。 メラトニンという睡眠と深く関わりのあるホルモンの分泌量は、光を刺激として体内で変動しています。

睡眠について①

あっという間に夏の気配が感じられるようになってきました。 日照時間が長く早い時間から外が明るくなる、暑さや高い湿度で寝苦しいなどの理由で、暑い時期は睡眠時間が短くなってしまうという方も多くいらっしゃいます。 理由は何であれ、睡眠不足によって疲れが取れないまま朝を迎えるのは辛いものです。 一日限りであればなんとか乗り越えられても、毎日続けば頭は働かないし気持ちも落ち着かないなどの問題も生じてきて、日

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page