top of page
  • aoimentalclinic

五月病

5月は寒過ぎず、暑過ぎず、過ごしやすい季節ですよね。


2月、3月は、寒い冬から気候がどんどん変わり体がなかなかついていかずにきついなあと思われた方がいたのではないかと思います。それが5月頃になってくると、気温も安定してきて、且つまだジメジメする梅雨の季節には少し間があるということで、だいぶ体が楽になったなあと思われる方も多いのではないでしょうか。


ところが、いわゆる五月病といわれる、この時期に体調不良となる方がいます。当院でも、五月に出現した体調不良により初めて受診するという方が結構います。


どのような症状かというと、


・疲れが取れない

・頭痛がする

・仕事や家事が前のようにテキパキこなせない

・眠れなくなった

・食欲がわかない

・やる気が起きない

・気分が落ち込む

・何事にも興味がわかない

・不安や焦りがひどい


このように、身体の不調から精神的なものまで、症状は様々です。


では何故、この時期に出現するのでしょうか?


五月病はクリニックを受診すると適応障害と診断されることが多いです。

ちょうど4月から就職や異動、進学など、新たな生活がスタートする方は多いかと思います。3月から4月は生活が大きく変化しやすい時期で、その後しばらくは新しい生活に慣れないまま知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまったり、気付かないうちに無理をしてしまうことが多くなりがちです。さらに、なかなかストレスの発散が出来なかったりすると、ストレスがたまる状態で1か月ほど過ごすことになり、体調が限界を超えてしまった状態が五月病です。


ところで、どのような人が五月病になりやすいのでしょうか?


・この春に就職、異動、転勤、転職した

・職場の雰囲気や人間関係などが変わった

・新たな責任ある業務やプロジェクトを任された

・元々生活リズムが乱れていた

・冬から春にかけて繁忙期で長時間残業を行っていた


このような方は、要注意です。


4月以前から生活リズムが乱れていたり忙しい状態が続いていた方は、既にストレスが溜まっていたり、自律神経系統に負担がかかっている状態です。そこに更に4月からの環境変化のストレスがかかるとキャパシティオーバーとなってしまいやすいので注意が必要です。


では、どうすれば五月病のような体調不良を予防できるのでしょうか?


・自分なりのストレス解消法を身に付ける

・完璧主義を目指さず「出来る範囲でいいや」と気を楽に持つ

・日頃から1人で悩みを抱えず、上司、同僚、家族など身近な人に相談するようにする

・気持ちを切り替えられる時間を作る

・運動を取り入れる

・睡眠をしっかりとり、しっかり食べるなど、生活リズムを崩さない


新しい環境ではストレスはつきものです。そこでストレスと上手に付き合う方法を考えるようにしましょう。ストレス解消法としては、カラオケ、ランニング、とにかく寝る、愚痴を聞いてもらうなどいろいろなやり方があると思いますが、普段から、自分にあったストレス解消法を見つけておくといいと思います。


それでも、体調不良となってしまうこともあります。様々な工夫をしてもなかなか良くならない場合は、精神科、心療内科の受診を考えてみてもいいかもしれません。体調不良が進み、気づかないうちにうつ病を発症しているということもあります。その場合はうつ病に対する専門的治療が必要になってきます。


どうしても調子が良くないという場合は受診も検討してみて下さい。

最新記事

睡眠と飲食①

前回、睡眠に関わる生活習慣として、光と上手に付き合うということをご紹介しました。 今回は、睡眠のためにどのような食事のとり方をすると良いのか、どんな食材・栄養を意識的に取り入れるといいのかといったことを書いていきます。 コーヒーを飲むと目がさえてしまうから眠りに良くないというのは、皆さんも聞いたことがあると思います。 これはコーヒーに含まれるカフェインの作用によって心身が興奮・覚醒するためですが、

睡眠について③

「不眠症の条件にはあてはまらないが以前よりも寝にくくなっている感じがする」 あるいは 「今も睡眠に不満はないが、より良い睡眠習慣を身につけたいという」 という方もいらっしゃるでしょう。 質の良い睡眠をとるために心がけるといいことは色々とありますが、 まずは『光と上手につきあう』ということがあげられます。 メラトニンという睡眠と深く関わりのあるホルモンの分泌量は、光を刺激として体内で変動しています。

睡眠について②

仕事・家事・育児で十分な睡眠時間が確保できない、不安や気がかりがあって気持ちが休まらず眠りにくい、子どもの夜泣きや介護で何回も起きなくてはならないなど、 睡眠不足が生じる事情というのは人それぞれあると思います。 そういった環境的な問題から生じる寝不足とは別に、不眠症というものがあります。 入眠障害…寝つきが悪い 中途覚醒…眠りが浅く途中で何度も起きてしまう 早朝覚醒…早朝に目が覚めてしまいそれ以降

Comments


bottom of page